1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護保険で住宅改修 浴室、トイレのてすり

介護保険で住宅改修 浴室、トイレのてすり

 

介護保険を利用して、住宅改修をすることができます。

一番多いのが てすりの取り付け工事 です。

浴室とトイレに取り付けた例を紹介します。

浴室

浴室には 専用のものを取り付けます。

TOTO インテリアバー(UB後付けタイプ)  バーの色:ホワイト

トイレ

TOTO インテリアバー  バーの色:スマイルベージュ

 

介護保険を利用すると、施工費用の1割が自己負担で、あとの9割は介護保険よりでます。

今回の工事では、他にもてすりを脱衣所や廊下にも取り付け、また、寝室の入口にアコーデオンカーテン工事など

しましたので限度額の20万円を超えてしまいました。

20万までの1割の2万円は自己負担です。9割の18万円は介護保険よりでます。

お客様の負担は 介護保険自己負担の2万円と、20万より超過した分です。

例えば25万円かかったとしたら、お客様も負担分は7万円という事になります。

少しでも、介護される方、介護する方が生活しやすくなるよう上手に利用されるべきですね。

 

 

介護認定で、要支援1以上の方は、住宅改修のサービスが受けられます。

ケアマネージャーさん、又は、リフォーム会社にご相談ください。

イッコー建築事務所でも、もちろんさせてもらっておりますので、よろしくお願いします。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

おすすめ住宅リフォーム記事

おすすめ企業・店舗リフォーム記事

おすすめ集合住宅リフォーム記事