1. HOME
  2. ブログ
  3. 床の上張り工事

床の上張り工事

広島県東広島市にて、床の上張りのリフォームをさせていただきました。

家を建てて、20~30年すると床がふわふわしてきます。

床の下の湿気で、床をささえる材自体が痛んでいる場合もありますが、

階段下、部屋の入口、玄関など、よく踏むところがふわふわしているのは

殆どの場合はフローリング材の接着材が劣化している事が原因です。

フローリングを剥がし、新しい床材に張り替えることもできますが、

一番安価な方法は、上張り(うわばり)です。

今の床材の上に新しい床材を直接重ねていくのです。

ただし、床が高くなるのですから、他に干渉しないか注意が必要なのでよく見てくださいね。

作りつけの家具などの扉が開かなくなった、、、、なんて事のないように。

リフォーム前

キレイに使っておられますが、傷があちこち。

入口付近が少しふわふわしていました。

 

リフォーム後

入口付近の床をはぎ、中は確認したのち、上張りです。

床材 東洋テックス 銘木シリーズ 桜 を使用。

傷がつきにくく、丈夫な床材です。ソファーを動かす事が多いので傷が付かない方がいいとのコトで

これを選びました。コスパもいいです。

段差があった敷居もちょうどいい具合になくなり、バリアフリーに。

6畳一間でしたので、大工さん一日もかかりません。

お昼すぎには終わってしましました。

ついでに、

給湯器に屋根を作ってもらいました。

屋外でも大丈夫な給湯器ですが、

奥様が「雨にぬれると、なんだか可哀想なんよね。」

長持ちもしますよね。

床材だけ替えても気分が違うものです。いろいろご提案できますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

お見積り依頼・ご相談・お問い合わせ

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

おすすめ住宅リフォーム記事

おすすめ企業・店舗リフォーム記事

おすすめ集合住宅リフォーム記事