1. HOME
  2. リフォームあれこれまとめ
  3. 健康リフォーム まずは窓から(冬のヒートショック)

Reform matome

便利な情報をここから発信!

健康リフォーム まずは窓から(冬のヒートショック)

ごぞんじですか?

冬のヒートショックによる死者数、交通事故の4倍だそうです。

そして、現在4300万人が高血圧で、ヒートショック予備軍です。

寒い北国のお話?

ではなく、北海道や東北など厳寒な地方は、かえってヒートショックによる死亡率は少ないのです。

もともとの住居が冬の寒さへの備えを十分に備わっており、家の中では温度差が少ないからです。

玄関ドアや外壁、開口部の仕様自体が、寒い地方と暖かい地方では建築基準が違うのです。

厳しい基準ですが、それほどにしないと、命に関わるのでしょう。

北海道の人は冬でも家の中では半袖 という話はよく聞きます。

東京に上京したら家が寒い という事も聞いた事があります。

それほど厳寒な地方の家はあたたかいのですね。

それに比べたら、私達の家は冬は寒いのでしょうね。

冬だから寒くて当たり前! と思って今まで生きてきました。

 

ヒートショック(心臓性突然死)

急激な温度変化により血圧が急上昇、急低下する事による心臓機能停止になる現象です。

朝、暖かい布団から急に冷えた廊下、トイレで。

夜、暖かいリビングから、寒い洗面所、浴室、そして暖かい湯船で意識を失うのだそうです。  怖いです。

 

冬になると寒いのは当たり前ですが、死にたくはないですよね。

脳卒中や心筋梗塞で治療を続けるのもできれば避けたい。

あたたかい家にリフォームしましょう!

 

リフォーム工事でできる事。

(断熱性を高める)    外壁の断熱工事  内部の断熱工事  開口部(窓、玄関など)のリフォーム

浴室の断熱工事など

(暖房設備 器具)    床暖房 エアコンの取替 洗面所暖房 浴室暖房

 

家の中で最も熱の出入りが大きいのは窓です。48%の熱が窓から流れ出ているそうです。

せっかく暖房器具であたためた空気を外に逃がしているのですね。

窓の近くに座ると、外気の冷気だけでなく、

暖房で暖めた空気さえも上に上がり、冷たい空気が降りてきて、床の上はますます冷え冷えです。

冬にはもうひとつ問題が。 結露です。 カビによる健康被害や家の傷みも悩むところです。

毎日の掃除も大変ですが、カビが窓だけでなく床や壁にも発生すると、鼻炎、喘息、皮膚炎など

健康にも悪影響を及ぼします。

 

 

もちろんカーテンやブラインドなど、窓には対処されていることと思います。

プラス 窓のリフォームをしてみませんか?

 

窓にも色々種類があり、ガラス部分やサッシ枠によって 断熱のグレートが変わります。

そりゃ、最新のグレードの高い窓に替えれば問題ないのですが、費用にも限りがあり、そうはいきません。

1 ガラス交換    サッシ枠はそのままに、 ガラスだけグレードの高いものに交換する。

2 内窓をつける   既存の窓はそのままに、内窓をつける。

3 窓サッシの交換  窓サッシ自体を交換する。

かかる費用は     安価 1 → 2 → 3 高価

おすすめは 絶対 内窓 です。

1 のガラス交換は、比較的安価なリフォームですがもちろん効果はあります。

ガラス部分の断熱効果で熱の流れ出は阻止できます。が、サッシ枠が大抵アルミなので、そこへ結露がおなじように出来てしまうのです。

 

3 の窓サッシ自体を交換する工事は、近年カバー工法で簡単にでき、費用も抑えられてはきましたがまだまだ高額。

外壁の改修など、大掛かりな工事を行う方は一緒にされたらよいと思います。

 

お勧めの内窓。

夏の熱中症対策のとき、詳しく書いていますのでこれをお読み下さい。  【健康リフォーム まずは窓から(熱中症)】

重なる内容かもしれませんが、冬で特にいいのは、結露防止効果です。

 

間に新しい空気層ができ、外気の冷たい空気が室内側に直接伝わらなくなるからです。

内側の窓ガラスが冷たくならなければ、温度差がなくなり結露が発生しないという事です。

さらに、サッシ枠にも理由があります。

リフォームされる大抵の家の窓のサッシ枠は、まだアルミだと思われますが、アルミは熱伝道率が高くすぐ冷えるので結露が出来易いです。

内窓の枠は樹脂ですので、熱伝導率が低く、結露しにくくなっています。

内窓のガラスも一番グレードのひくい一般の単層ガラスでも十分ですが、出来ればその次のペアガラスにしていただくと

効果はずいぶん違い、新築の断熱基準まであがります。

防音にも効果はありますので、赤ちゃんがいらっしゃるお宅や、逆に道路の側のお宅など音に悩まれているお宅にもお勧めです。

 

内窓は1箇所の窓からできます。

まずは、リビングや、北側の窓で試していただき、効果を確かめてみてください。

廊下や玄関の比較的寒い窓にもされると家中あったかで、ヒートショックの予防になります。

 

 

実は弊社の事務所も内窓を設置しています。

今は秋なので、冬になったら 外した時、設置した時のサーモグラフィー写真を載せますね。

おたのしみに。

実感として とても変わりました。古い倉庫を改修した事務所ですので隙間風ぴゅーぴゅーで、風が吹くとガタガタでしたが

今は全くないです。外の音も静かになりました。エアコンの効きも違います。

本当にやってよかったと思えるリフォームです。

 

他の断熱工事や、浴室暖房のおすすめはまたの機会に書かせてください。

窓のリフォームは、本当に健康のため、気持ちよく安心して暮せるためのリフォームだと思っております。

目にみえる機能や改善ではないので、積極的に まず窓から! と おっしゃる方も少ないですし、予算も限られている中、私達もなかなかお勧めしにくい部分です。

キッチンや浴室、リビングのリフォームをお考えの方、すこし付け加えて考えてみて下さい。

よろしくお願いします。サーモカメラで、一緒に家中を見てみましょう!

 

 

ガラス交換をさせて頂いた施工例 : 親御さんと長年すまわれた家を息子さんが結婚を機に全面リフォーム

呉市の中でも比較的寒い地域にお住まいのお客様です。

家全体の窓のガラスをペアガラスに交換させて頂きました。